FC2ブログ

記事一覧

コロナウイルス感染症(COVID-19)の事

仕事が暇になりず~~っとコロナウイルスの事ばかり調べ考えています。
ハッキリ言ってコロナ鬱になってます(´・_・`)

もの凄い情報量が頭に詰め込まれてて一体何を語ってよいのか分からない状況ですが
論点整理してお話します。

<当店と自分の現況>
まず私個人ですがはっきり申し上げて体調は良くありません。
先日土曜日は念のためお休みしました。
と言っても微妙な感じの体調悪化です。
ここ10日位何となく胸の苦しさ、肺の重苦しさと軽い痛み、があったのは事実なんですが、これもネガティブな情報を漁りすぎてコロナ鬱になってるのが要因でもありそうですし、仕事が激減してて生活パターンが大きく変化しているのも大きな要因のような・・・
とりあえず普通に仕事は出来ますし強い息切れとまではいきません。
先週初め頃から喉と鼻の軽い痛み、上気道の炎症、若干の嗅覚の鈍り、は続いてました。
あとお腹が急に緩くなってます。
ただ熱は何度も図ってますが35度後半から上がって36・8です。
因みにこれまでの自分の平熱は36.2くらいですかね。
先週土曜日は少し体調不良の段階が上がったためお休みしたのですが自宅に帰ってから熱を測ったところやはり少し上がり37.1、初めて37度超えましたが、その後は上がらずこれが最高値です。
と、こんな感じの微妙な体調不良です。
とりあえず土曜日、日曜日と大人しく過ごし、月曜日にはかなりスッキリした感じになりました。
上気道の炎症は取れた感じになり、やはり気のせいではなく多少でも炎症はあったのだと思います。
それでも心配ですよ。
自分が感染してると考えるといつ劇症化してしまうかというのも心配ですが、もし他人に移してしまったらと考えると・・・・
お客さんには年配の方も多いですし(特に牛乳関係は)、はっきり申し上げて結構呑気に見えるんです(°_°)
こっちのビビりかたと大きなギャップがあって凄く心配してしまいます。
とりあえずPCR検査なんて高熱続いてても検査までの道のりは果てしなく遠いようなんで、自分の体調不良位ですと日本では何年待っても受けさせてもらえない状況だと思うんでどうにもすることが出来ません。
一応県のコロナ相談センターみたいなところに日曜日電話してみたのですが、仕方ないとは思いますが何とも急ごしらえの医学的知識のないアルバイトのお兄さんって感じの方にそっけなく淡々と現状の体調等々聞かれて(如何にも手元のマニュアルを見ながら、えっと次聞くのは何だっけ?みたいな)、最終的にはそれでは最寄りの病院に行って下さいという事になったのですが、これだとネットで項目ごとに入力して、ボタン押して結果はこれですってので十分かなとの印象です。
色々と不安な事を相談するというようなセンターではありませんでした。
改めて日本の行政の対策と対応はまだまだ進んでないと理解出来ました。
さてどうしようかという事なのですが、とりあえずお店閉じちゃうのも困る人多いだろうし、自分だけ休んで他の者(父、母、兄)に任すとしても自分にしか分からないことも多く、またこの件に関しては自分の方が一番万全の対応しているとの自負はありますので自分が接客した方がお客様へのリスクは小さいと思うんでやはり自分がお店に出て対応した方が良いと考えやらせてもらう事にします。

<当店の事>
当店はお米と明治牛乳の宅配のお店です。
牛乳の宅配とお米の販売はこれまでとかわりません、しかし牛乳販売に関しますと大きな卸先の温泉施設とスポーツクラブは緊急事態宣言の期間である4月8日~5月6日まで休業のためそこでの売り上げは0、元々3月は大幅に減ってはいたのですが・・・
例え再開となってもしばらく苦しい売り上げとなるのは間違いなく、経営的には大きな損害が続き非常に苦しい状況です。
とは言ってもこればかりは多くの会社が同じ状況なので今は何とか知恵を絞ってお店を維持していかなければと考えておりますし、当然今最も優先すべきは感染を拡大させないことにあると考えております。

<COVID-19の感染について>
まずもって伝えたいのは「情緒的判断より合理的判断を」とのメッセージです。
基本の基のような事を改めて述べますが、コロナウイルスの感染は飛沫感染と接触感染です。
ウイルスの存在場所は人の体内であり主要な感染源の存在場所は呼吸器官にあります。
飛沫感染はくしゃみや咳により上気道や肺に居るウイルスが飛び出し他者への呼吸器官や目の粘膜に侵入し感染することを指しします。
よってマスクの着用は飛沫感染によって移すのも移されるのも防ぐ目的がメインであり、特に移さないための効果が高いと言われています。
接触感染は飛び出したウイルスが付着した物を触ることによる感染のことです。
ドアノブを例にすると、感染者が直接ドアノブの前で咳をする、または咳を手で押さえて、そしてその手でドアノブを触る
鼻をほじった手で触る、紙をめくる時にペロっと唾液を付けた手でドアノブに触る。
するとドアノブにウイルスが付着し、それを他者が触りその手で口元に触れたりすることで感染するというメカニズムです。
良く手を洗ってといわれるは接触感染をさけるためです。

それでは飛沫感染についてもう少し考えていきます。
クシャミや咳が飛沫感染の原因というのはよく聞きますが、会話はどうなのでしょうか?
当然危険と考えるのが妥当だと思います。
順番で言うと、呼吸器官の奥からより勢いよく大量にウイルスが飛び出るクシャミが一番リスクが高く、次に咳、そして会話となるでしょう。
会話も発声の強弱によってリスクは当然異なるでしょう。
阪神タイガースの野球選手が感染した事例も飲み会によるものでした。
多くの人がワイワイガヤガヤと発声することによって沢山の感染者が出ました。
酒を飲むと多くの人が陽気になりますよね、そうなるとエネルギッシュになり大きな声で発声するようになり笑ったりし呼吸器官にある体液(唾など)を飛ばす事になるでしょう。
お酒を飲むくらいですから感染者は大きな体調不良もなかったはずです、それでもおそらく一人の感染者が同じ場所にいた数名の人に感染させてしまうことに繋がっています。
夜の街(飲み屋)でのクラスターが沢山出のもそれですし、初めに大きな話題になった屋形船も飲みの席です。
クシャミや咳が飲み会の席で必ず出るという訳ではないと思うので、やはり大きな声での発声が原因と考えるのが妥当です。
愛知では警察官の剣道クラブで沢山の感染者が出ました。
これも同じで剣道は面とぶつかり合って「キエーイ!」と叫びあいます。
これも大きな発声によって飛沫感染が出た事例だと思われます。
これが確か状況が悪化していた3月下旬位の出来事だっただけに私はとても信じられない気持ちでいました。
さてそれでは大きな声でなく呼吸器にある体液が飛んでないだろうと思われる小さな声での発声はどうなのでしょうか?
これは分かりません。
冬気温が下がると気温差で呼気が白く見えますよね、そのような呼気による感染を空気感染と言うみたいですが
空気感染はないと言われていますので、小さい声での会話はリスクはかなり低いと考えらます。
勿論リスクはないとは言い切れませんので他者の前で発声せざるを得ない接客業である当店では必ずマスクを着用します。
さて、ランニングマンとの接触はどうでしょう?
自分はそれなりにリスクはあると考えます。
少なくとも小さな声での会話よりはあると考えるのが妥当だと思います。
これはIPS細胞の山中教授も指摘しています。
強い呼吸になるランニングはそれだけ勢いよく呼気が飛び出すので飛沫となって飛び出すこともあるのではと思います。
先述の剣道クラブでも奇声でので飛沫感染の他に、そもそも強い運動時の「はぁはぁ、ぜいぜい」という呼吸活動によっての感染もあったのではと考えています。
それでも剣道や他のスポーツほどランニングは強い呼吸にはならないので大きなリスクとは言えないかもしれませんね。
この辺はお笑い芸人のタムケンさんの言動でも結構バトルになってるみたいで難しい判断です。
ここまで閉塞した生活を強いられると健康維持に運動は欠かせないですからね。

接触感染ももう少し深く考えてみます。
接触感染は人から物、物から人のルートですので、つまり人が触った物は全てにリスクが有るわけです。
素材にもよりますがプラスティックなどは数日感染力を持つようです。
特にクシャミや咳によって出た大きな飛沫はかなりリスクが高いそうです。
勿論人の手から直接ウイルスが出る訳ではないので、あくまで感染者が呼吸器官から出る体液を飛ばし物に付着させなければ何を触っても感染しません。
それでもこの状況でも何も気にしてない人は居るでしょうし気にしてても何をどう気にすべきか分かってない人も沢山いると思います。そういう人が何処でクシャミや咳をしているか分かりませんし、鼻水拭いた手や紙をめくるためにペロっと指を舐めた手で物を触っているかは分かりません。
よって人が触ったものは全てリスクがあると考えなければなりません。
その為の頻繁な手洗いが重要であり、人が触った物に触ったらその手で口元を触らないのが重要になります。
さて、今スーパーさんやコンビニさんではお金のやりとりを直接手渡しするのではなくトレーに置いて間接的に渡しています。
お金は沢山の人が触った物であり当然感染源の一つになります。
ただそのお金をトレーに置けばトレーも感染源になり、トレーからお金を取る時にどうしてもトレーを触ってしまうので感染源は2つになってしまいます。
勿論直接手に渡す時に相手の手にも少し触れる可能性もありますので、その手が鼻水を直接拭いた手であったりする場合はよりリスクが高くなるわけなのでどちらがリスクが低いのかの判断は難しいとは思いますが、個人的にはあまり合理的な判断ではないような気がします。
お店側の要望なのかお客さん側の要望なのかはわかりませんが、お客さん側だとしたらお客が取るべき行動は袋でも持って行って「お釣りはここに直接投げてくれ」って頼むのがベストだと思います。
それと今一部のコンビニさんは手袋をしています。
これも接客時に一枚一枚取り換えるのであれば非常に効果的ではありますが、見る限りですがそうでもなさそうでずっとつけっぱなしのようです。
これだと素手でやっても全く同じ事であるだけでなく、手も洗えないだろうし店員としては絶対その手で顔を触れなくなり却って大変だと思います。
見るとレジ後ろに水道がある訳ですし、素手で対応して頻繁に手洗いする方がよっぽど良いと思います。
これも要望がお店側なのかお客様側なのか・・・・
この項目の初めに「情緒的な判断より合理的な判断を」と書いたのはこの事です。
何となく「素手では怖いなぁ」と情緒的に判断するのではなく合理的に感染可能性を考えて判断しなくてはいけないという事です。
透明のビニールカーテン、あれはいいですよね。
特に店員さんを守るためにはかなり有効だと思います。
まだまだよく見かけますが、店員さんにマスクなしでノリノリで大きな声で話しかけるおじさんもチラホラいますので((´・ω・`;))

最後にポストコロナなどと言われる事もありますが現状の日本の対応ではポストコロナは当面訪れることはなく、コロナの時代はしばらく続くでしょう。
一人一人がコロナの時代を意識して生きることでコロナは感染経路を絶たれいつか無くなるでしょう。
飛沫感染を防ぐのは理解し易く大きな手間もかかりませんが、接触感染のリスクを低減するのは考えれば考えるほどとても大変な事です。
ちょっと前に関口宏さんがテレビで「医療従事者の方たちの今の苦労は本当に大変なものだろうと思うけど、でも、どっかでどうして専門家なのにうつってしまうんだろうっていう疑問はぬぐえないよね」と言ったみたいです。
ビックリです、ちょっと考えれば理解できそうなことなのに!
リスクを分かってる人でも感染源が近くにあると防ぐのが難しいんです、接触感染のリスクは至る所にありそれらをしらみつぶしに対応してててもどこかから入ってしまうのです。
今はまだこの地域の感染者は少ないと考えられますが、一度多くの感染源が入り込むとプロでも防御するのが大変ということです。
それでもコロナの時代が続くのが確実な状況ではいかに接触感染を防ぐかというのが大きなテーマになると思います。
今面倒だと思ってる事でも生活に定着させてしまえば慣れてくるとそれほど大変ではなくなります。
まだこの地の感染が大きく広がっていない今のうちに常に感染可能性ルートを見抜き適切な対応を日々考え体に行動を染み込ませる事が重要になってくるのは言うまでもありません。
いざ状況が悪化してから何をすべきか考えても全く対応出来ないと思います。
皆さん一蓮托生だと思い、がんばりましょう(^-^)/

長くなりましたので続きはまた!
次はコロナウイルス(COVID-19)そのもののこと、その怖さについて書いていきたいと思います。
当初1月や2月頃は自分もインフルエンザと大して変わらないでしょとか高をくくってた時もありましたが、やっぱり色々怖いです。
調べれば調べるほど怖いです、このウイルスは。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント