FC2ブログ

記事一覧

新コロ=唾液(唾) 新型コロナウイルス(COVID-19)の事 3

久々に新型コロナウイルスについて書きます。
本来前回書いた記事のすぐ後にまた記事にしようと考えていたのですが、グダグタしてるうちにまさかの感染者数減少で自分的にも気が緩み発信するのもめんどくさくなってしまいまして・・・

とりあえず前回直後途中まで文章化したものから記述。
(多分5月頭くらいかな?)
今日のBSTBSテレビ「報道1930」にて前回の記事の最後の方に書いた唾液のウイルスとPCR検査について特集されてました。
まずはイエール大学のデータですがPCR検査で鼻咽頭の拭い液より唾液の方が約5倍ウイルス量が多かったとの事です。
それと北海道大学の方が出演されてまして、この大学の陽性患者で調べたところ鼻咽頭のぬぐい液では陰性でも唾液だと陽性の例もあったそうで、鼻咽頭で陽性の患者は唾液でも皆陽性だったとの事です。
つまり唾液での検査の方がより確実だと言えそうで、また鼻咽頭検査での難しさ(患者さんのクシャミによる検査員の被爆や、検査技術の問題)にくらべ簡易でリスクもなく時間も短縮されるだろうとの事です。
また、前回の記事でも述べましたが再度ACE2受容体が舌に多くあり、ウイルスはまず舌に感染して増殖して上気道、下気道と伝わっていく、というメカニズムの話がされました。
個人的にはやはりこのメカニズムの理解はもっともっと広く伝わっていくべきだと思うんですよねー
それにより何をすべきでないというのは明確になってくるんですから。
つまりマスクなしの会話は危険、指をペロっと舐めてお札など数えるのは厳禁など、とりあえず唾液を飛ばす、唾液がついたものは危険との認識が必要でしょう。

ここまで書いてストップしてました(*_*;

とりあえずまずもって改めて伝えたいのは、前回記事の最後の方にも書いていたと思うのですが
新コロ=唾液(唾)
って事です。

その後、新コロウイルスの受容体は舌に多いというだけでなく唾液腺にも多いとの情報も出まして
もはや新コロ=唾液との認識がもっともっと世間に広まらないとどうしようもないなとの感想です。
皆さんな~~~んとなくは理解してそうな感じですが、このようなより具体的な話は多分理解していない人の方が多いと思います。
先日も友人と話す機会がありましたがace2受容体と舌や唾液腺の事を話したら知らなかったようで為になったと言ってました。
自分は病弱なんで昔から医学的、生理学的な知識欲が強く今回の新コロウイルスの受容体が舌に多いというのを知ったときはかなり衝撃を受け、唾液腺にも多いと聞いてアチャーってな気持ちになってたんんですが、普段そういう事に関心がないと受容体(レセプター)がどうのこうのと聞いてもピンとこないのかもしれません。
でも考えて見てください、舌に受容体があれば口に入った段階でリスクがあるし、唾液腺に多ければ感染したら唾液にウイルス一杯存在する事になるんです。
つまり貰いやすく与えやすいんです!
インフルエンザなんかより圧倒的に!
(ただ実際感染成立になる確率となるとインフルとあまり変わらない感染力のよう。)
新コロがここまで爆発的な感染力があるのはそれが一番の理由といって間違いないでしょう。
こんな弱小ブログで述べてもほとんど影響力がないので、本来国や自治体がもっともっとこの点を発信すべきだし、これは一国だけの問題ではないので本来WHOが言うべき事柄なんですがね(*´ω`*)
最近になってマスクが重要とか空気感染がどうのこうのとか・・・
遅く、そして感性が鈍い。

世の中ソーシャルディスタンスと言う言葉は定着していますが、それは二の次の手段でして、もっと何故感染するかという元々の部分を強調すべきだと思います。
唾液が感染させます。舌で受け止めます。
この二つ。
だから飛沫が被らない距離を取りましょう。
唾液の付いたと思われるものは触らないようにしましょう。
となる。

文章だとすっと頭に入ってこないかもしれませんので、新聞、テレビでこの観点についてやってたものの画像を貼っておきます。

<だいぶ前の東京新聞の記事、上記北海道大学に加え長崎大学のデータも載っています。>
P_20200530_084803_vHDR_Auto.jpg

<だいぶ前の放送、テレ朝モーニングショーより>
P_20200526_090448_vHDR_Auto.jpg
みなさんの会社の社食、大丈夫ですか?
食事した後マスクなしでしゃべり続けてる人いませんか?
後述しますが目の前の人だけでなく換気不十分の場合遠くにいる人にも感染させるかもしれませんよ!
P_20200526_090644_vHDR_Auto.jpg
P_20200526_091050_vHDR_Auto.jpg

これは要注意!
ウイルスが沢山いる唾液を誤嚥し気道に入り肺に到達、そこで増殖。
肺に行ったらかなり危険なので誤嚥しやすいお年寄りは気道に入ったらすぐに咳して出すようにした方がよい。
P_20200526_091330_vHDR_Auto.jpg

<つい最近、日テレニュース0から>
これも最近某歴史修正主義者の漫画家が、インフルよりはるかに感染力が低いなんて言ってましたが、とんでもない!
この感染機序からいってはるかに低いってことはないでしょう。
P_20200710_234459.jpg
P_20200710_234517.jpg

<マスクについて>
上記の事から勿論ものすごく重要。
咳やくしゃみだけでなく強い発声をすればかなりの量の唾が飛びますし、喋るだけでも唾は多少でも飛びます。
それを抑えるマスクは他者にウイルスを浴びせないための最重要アイテム。
舌に受容体があるため、他者から貰わないためにも大きな役割を果たす。
マスク意味ない論者も少なくはないと思いますが、ウイルスの大きさが小さいため不織布マスクでも通過してしまうなど理由に説得力がないものばかりです。
ウイルスはマスクを通過してしまう位小さい単体のものから沢山のウイルスがまとめて入っている大きな飛沫のものまであるわけで0か1の問題ではない。
あればより良く、なければより悪いという話なだけ。
意味ないとすれば、マスクの外側に付いたウイルスがどういう経路を辿り、人間側はそのウイルスをどのように対処しているのか?
の問題だけかと。
これはインフルの時から気になってた問題でイマイチ納得できる答えは聞かない。
表面は触らず紐部分を持って取り外せとか昔から言われてたけど、それはあくまで手にウイルスを付着させないための行動。
気になるのは表面に付いたウイルスそのものの経路で、大きな飛沫が付着してその中のウイルスがマスクの表面でずっと留まってるのか、呼吸しているうちにマスクの小さな穴から吸い込まれるのか?
その辺りは気になる。
それと感染者のマスクの内側がどうなるのかも気になる。
ウイルスを外に出さない大きな役目を持つけど、つまりそれはマスクの内側には大量のウイルスが存在するって事になる。
唾液や上気道にウイルスがいれば呼吸するだけで小さなウイルスは出ているはず、時間がたてばたつほどウイルス量は増えるのでマスク内は大変なことになってるはず。
これがずっとマスク内で収まってればいいけど、ちょっと勢いよく喋ったりすれば横から上から隙間から勢い良く飛び出てくる。
ウイルスでも細菌でも感染症は基本その暴露量によって感染力に差が出ると言われているわけで、となると却ってマスクしていると沢山溜めて一気に放つという結果になってしまうともいえる。
その辺は気になるところ。
ウイルスがマスクに付着したら離れなれなくなる生地とか作れないか?
ウイルスを死滅させるというのではなく(それだと人体に影響も出そうなので)

<空気感染について>
最近よくニュースになっている。
そして某SNSでは揉めている。
やっぱり空気感染なんだよなー!
いやいや空気感染なんてあるわけないじゃん!飛沫感染と接触感染以外ありえない!
この二つで。
正直どうでもよい。
空気感染ちゃぁ空気感染じゃないとしか。
上記したけど呼吸で出るかもしれない小さな単位から発声で出る飛沫、咳の飛沫、くしゃみの飛沫
ウイルスの量はそれぞれであり感染するのが飛沫なのか小さな単位なのか、そこに境目などないかと。
大きな飛沫には大量のウイルスがいるわけで感染力は大きいだろうし、小さな単位になればなるほど感染力は下がる。
だけど小さな単位でも入る回数が多くなればリスクは上がる。
中国の結婚式場(ごめんなさい、訂正します、レストランでした)でのクラスターはエアコンの空気の流れに沿って感染者が出た。
沢山テーブルがあるにも関わらずエアコンの空気循環に沿ったところだけ感染者が出ておりそれは結構な距離でもあった。
飛沫が直接飛ぶのは2mとか言われてるので2mの距離を取ろうと言われている。
大きな飛沫は大抵重力で下に落ちるから2mと言われている。
エアコンの空気の流れで飛沫がそこまで空気中に漂うのかな?
となると空気の流れに乗るくらい小さな単位のウイルスがずっと循環してその流れにある人を感染させたと考えるのが妥当。
だから空気感染ちゃあ空気感染なんじゃないの?
そもそも飛沫感染と接触感染しかない!なんて言うのなら室内で2m開けて居れば問題ないわけで換気とか重要度は下がるのでは?
いずれにせよどこまでのウイルスの単位から飛沫感染になるのか?って話にもなるのでどっちなんだなんて最初に述べたようにどうでもよいのです。
クラスターは全て密閉された室内で起こっていることから、ウイルスはある程度の小さい単位の塊から空気中を漂い、それが感染リスクになるという事は間違いないかと。
とにもかくにも、室内では換気がメチャメチャ重要!!!
ってことです。
室内、無換気、マスクなし、これは最悪!
室内で無換気(外の空気と入れ替えてない)だとそこに感染者がいれば室内をウイルスがグルグル、フワフワ漂っており、長時間居ると例えウイルス量の単位が小さくても感染リスクがあると考えるのが妥当。

ということで当店内も対策を考えなければいけません。
全部開け放てればよいのですが(3月、4月はそうしていた)、お米の保存と虫対策で店内を冷やしておかなければいけません。
冷房ガンガンかけています。
でも時々開けます。
お客さんが来て接客しているときを換気タイムにしようと考えております。
入ったら開けっ放しにしておいてくださいね!

それに伴い気になっていた電車内の換気についてです。
家庭内のエアコンが外の空気を取り入れるのではなく部屋内の空気を循環させているだけというのはマスコミなんかでも取り上げられていますね。
最近の電車は外の空気を入れるシステムになってるらしいよ、というのを聞きまして調べたところJRはそのようです。
JRの空調
凄いですねJR!
気になる地元の小田急線はというと。
残念((+_+))
そのようなシステムはないようです。
現在新宿で蔓延しているので気になります。

それと新コロ=唾液の観点から言えるのが
そもそも、喋るな!
これにつきるわけでして、可能な限り喋らない、が感染拡大を防ぐ一番の手段でもあります。
ただこれが一番難しい、人の一番のコミュニケーションの道具な訳でして・・・
だから可能な限りという事です。
それと喋るならなるべく唾を飛ばさないようゆっくり喋るとか色々工夫は出来るととは思います。
因みに英語のTHの発音は良く唾を飛ばすとのデータがあるらしく、やってみると確かにそうです。
日本語だとどうかな?と試してみたらバ行とパ行が良く飛びました!

それと予防のためのうがいも重要になってくると考えるのが妥当でしょう。
舌で感染するまえにブクブクうがいして洗い流す、また確実にそうだとは言えないようですが胃酸で死ぬだろうという事でうがいした水を外に出せないときは飲み込む。
インフル対策でこまめに水を飲むのと一緒です。
一時期新コロウイルスは胃酸でも死なないなんて情報を見てしまって怖がってましたが、それだったら腸から吸収されて血液に乗り重症化する人が多いはずですよねー。
流石に胃酸で死ぬんじゃないですか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント